PS4とPCの音声を同時に

ついに、Playstation 4 を買ってしまった。

「筐体がスリムになった」だの、「新価格だ」だの、「やりたいソフトが出る」だの、明確な購買理由があったワケではなく、単に「連休がガッツリ休める」という、大人としては大変“残念”な理由である。

「なら、FF14進めろよ」となるのだけれども、「時間がある」と「モチベーション」は、必ずしも“ニアリーイコール”にはならないのだから仕方がない。

最初に購入したソフトは「Bloodborne」である。コレがなかなかに難しく、「ボクは今まで、なんてヌルいゲームをしてきたのだ」と痛感している次第である。

「ゲームとしての難易度」とは、まさしくこういうコトであり、「ただただ、操作が煩雑である」というコトではないと、いたく感心した次第でもある。

さて、ここは「FF14」に関するブログであるから、「FF14」に対して有意義な情報を提供したい。

しかし、どれだけ「有意義か」といえば、おそらく「FF14ユーザー」の中では「ニッチもニッチ」な方々を対象としている情報かもしれない。

それは、「PS4の音声」と「PCの音声」を、「ひとつのヘッドセット(ヘッドホン)」で「同時に聴く」という方法である。

176

「なんで、そんなコトしなきゃいけないの?」と、思われる方もいるだろうが、これは「PS4によるゲーム音源と、PCによるSkypeなどのボイスチャット(以下VC)を両立させる」のが、主目的である。

他にも、「ゲームをしながら動画がみたい」なんてものにも対応できるだろう。そんな余裕がある無しに関わらずである。

「FF14に対するVCの必要性」についてはボクの知ったことではないし、「必要ない」とすら思うのだけれども、「FF14」の操作が“煩雑”であるため、「チャットなど打っていられない」と思う方もいるかもしれない。

実際に、「PS4とPCの音声同時出力」の方法をいろいろ調べていると、なかには「FF14」の“ロドスト”内の日記も検索結果に引っかかるコトから、「ある一定層には需要がある」と思っている。

ちなみに、「PS4でもPS4同士でVCができる」らしいのだが、どうやら「音質が悪い」そうなので、こういった“まわりくどい”やり方を取らざるを得ない。

また、PC経由であれば、プラットフォームを選ばないというのも理由のひとつである。

“同時出力する方法”を調べてみても、ドレもコレも非常に“ややこしい”方法しか出てこない。「二股ソケットを使う」だの、「ミキサーを別途用意する」だの、なかには「イヤホンでPS4音源を聞き、その上からヘッドホンをかぶせてPC音源を聴く」などという、トリッキーなものまである。

「いやいや、論理的に考えればケーブル一本ですまないかな、コレ?」というのが、決して論理的思考を持ち合わせていないボク自身が導き出した解釈である。

177

使うのは、ただの「音声ケーブル」であり、よくオーディオ店で売っている「iPodをCDラジカセで出力するケーブル」みたいな形で売られている“ソレ”である。

要はPCを「ミキサーがわり」として、モニターから流れる音を「マイク音声」と認識させて、その音を聞くというものである。

ちなみに、ボクのヘッドセット(ヘッドホン)はUSB接続である。

PCのマイクジャックにプラグインされれば、PC側で「新しいマイクがあるよ」と認識される。で、その「新しいマイク」の音声を聞けるようにすれば良いだけである。

178

コンパネの「サウンド」の設定を変更する。ボクのPCは「Windows10」であり、現状況下において問題なく動いている。

これで「音が良い」のかどうか、そんなものは知ったことではないのである。「聴ける」……それこそが正義なのである。

ただ、すべてがデジタル経由なので、ボク自身は違和感なく聴けてはいるが、それが“きっかけ”で不具合や故障などが発生しようが、こんなことは言われるまでもなく、「自己責任」である。「ボクはできたけど、何か?」と平気で言える人間である。このあたりはご了承いただきたい。

「これ、FF14のためというより、FPSとか用だろ」みたいな感じもするが、「PS4でFF14がしたい! かつ、同時にクリアな音声でVCもしたい! なんとかならないの!」勢を、全力で応援していくブログであり、Shinryu民としての矜持でもある。

まあ、ボク自身はFF14にVCなんて使っていないのだけれども。

今ではゲームとダラダラとしたおしゃべりを肴にお酒を呑んでいる、そんなダメな人間にも、テクノロジーは優しく微笑むのである。

Pocket

Author: helio Shinryuサーバーで、ララフェル召喚士として、がんばると決めた! 「FF14 BLOG ANTENNA」の運営もがんばっちょりまっする!