「GALLELY」ページ改修と画像加工の魅力。

すっかり雰囲気が変わってしまった「ヤ・シュトラ」さんの懐かしい画像でも置いておきますね、的なアイキャッチである。相変わらず「3.2」の内容については一切触ってはいないのだが、「FF14」自体はしているので、後日書きたいと思う。

やりたいことを気楽にやるという、なんとも「よい楽しみ方されていますね」感、満載である。

さて、先日にも述べたが「FF14 BLOG ANTENNA」において、「GALLELY」ページを改修したのでお知らせしたい。

いただいていた声と、抱えていた課題感をともに解消する施策となっていると、勝手に思っているが判断やいかに。

79

一覧ページは、画像をすべて小さく「サムネール化」し、2カラムでの構成としている。これ以上小さくしても、逆に「視認性」に欠けるので、「まあ、これくらいかな」と考えている。「ブログタイトル」をクリックすることで、各ブログトップに飛べるようになっている。

80

「バナー」をクリックすることで、このように「バナー」を大きく表示できるようにした。「ただ、Lightboxを入れただけだろ」といわれればそれまでなのだが、うまいこと機能しなかったり、変な表示がでてしまったりで、こう見えてもいろいろ苦労しているのである。

この「Lightbox」はグループ化しているので、右の矢印で「順送り」、左の矢印で「逆送り」で見ることも可能である。

また、「Lightbox」のCSSをいじるという「禁忌」を犯しているので、もし環境によって不具合があれば、ご連絡いただければ幸いである。べ……別に、「デバック」をお願いしているワケではない。
こちら、少し「上め」で展開しているのは「わざと」である。スマホを横にしてみるように合わせている。スマホ対策は重要なのだ。「ええ。スマホ対策、考えてますよ。ええ。」

さて、こういった「ブログバナー」に対しての声をいただくことや、ボク自身「ブログ」を始めるにあたりさまざまな「ブログ」を見たり、「Twitter 」を導入することで初めて知ったのだが、「FF14」のスクリーンショットを加工する「遊び」があるようだ。

ボク自身はそういった分野が得意でもないこともあり、積極的に情報を得ようとしていなかったため、「知らなかった文化」なのではあるが、それらを見るにつけ「まあ! なんということでしょう!」と感嘆の声を上げるばかりである。

「Twitter」では、ハッシュタグ「#FF14AW」(AW=アートワークらしいとのこと)としてさまざまな作品があげられている。「Twitter」の特性上その「つぶやき」はどんどん流れしまうのであるが、おそらく作品自体は「ブログ」や「インスタグラム」であげられているのかもしれない。

例えば「ブログ」であった場合、「画像作品」を掲載する際、その「制作過程」などの文字が一定量入れば良いのだが、「画像作品のみ」のページでは、そのページは「Google先生」に高評価いただけないのもまた事実なのである。

「同好の士が見ればよい」という考え方もあるが、その世界観を見て「FF14は楽しそうである」と思う人がいるかもしれないと考えると、なにやらもったいない気がしないでもない。

これらの「つぶやき」をキュレーション(まとめ系)しているサイトは無いものかと、「ザッ」と調べてみたものの、ハッシュタグが自動で吐き出されるページが存在しているぐらいである(ガッツリ調べていないので、もしかしたらあるかもしれない)。

なら、そういったものをキュレーションするサイトを作るのはどうかと思うが、ボク自身ができるかどうかといわれれば、疑問符が残る。また、キュレーションされる側としては、「まとめられるの、どうなの?」って疑問も残る。

なら逆に、「画像投稿サイト」を作るのはどうかと考えたが、こちらの方が難易度が高い。画像を送ってもらうには「添付」、あるいはサーバー自体への「アップロード」などに頼るしかない。そうなれば、サイト制作側もある程度のリスクを覚悟する必要もあるし、「投稿する側」も非常に手間である。なので、どちらも楽な制作としてのキュレーションである。

そんな「ひな形」は作れないものかと、今現在、思案している。ボク自身ができる技術で、この「画像加工文化」を新しい形で下支えできればと思っている。

「FF14の画像加工」という遊びの文化があるのだから、おそらく作ってみればきっと楽しいのかもしれない。ボク自身が知らない楽しさがそこにはあるのかもしれない。

そこで、ボク自身も「画像加工」をしてみようと思う。してみなければ、その「楽しさ」を伝えられないからだ。

せっかくなので、このブログの「バナー」を新たに作り直してみようと思う。

■人物を切り抜こうっ!

5

「人物」を切り抜き、背景をぼかすことで、「絵」に立体感を出す作業である。まずはキッチリ切り抜かなければいけない。

ざっと「ファジー」な選択をした後、マスクで細かい調整を行っていく。キッチリと仕上げれば、後にできる作品がより良くなる。地味な作業であるが、「キレイな作品」に仕上げるためにも重要な作業である。

「作品作り」の基礎であることは間違いない。この「繊細さ」こそが、作品がもつ「クオリティ性」を引き出してくれる。妥協はできない。

細部までキッチリと……切……出す……ことで……

81

( ˘ω˘ )スヤァ……

Pocket

Author: helio Shinryuサーバーで、ララフェル召喚士として、がんばると決めた! 「FF14 BLOG ANTENNA」の運営もがんばっちょりまっする!

6 Responses to "「GALLELY」ページ改修と画像加工の魅力。"

  1. Henri Bencolin

    ( 'д'⊂ 彡☆))Д´) パーン

  2. Helio D'or
    Helio D'or 2年 ago .返信

    ∑(゚Д゚)

  3. 匿名
    匿名 2年 ago .返信

    「GALLELY」ページ改修ありがとうございます!!!
    見やすいし、今まで通り各ブログにも飛べるし最高です!!
    こんなにも早く変えて頂けるとは思ってもみませんでした~
    ブログアンテナがますますたっくさんの人に愛されると嬉しいな❢

  4. Helio D'or
    Helio D'or 2年 ago .返信

    そう言っていただけるだけで、作れてよかったって思ってます!
    ありがとうございますっ!

    また、何か気づきましたら、実装可否に関わらず、ご意見いただければと
    おもってます!

    それから、「ブログ」やってみようかなっておもったら、
    ぜひ、「FF14 BLOG ANTENNA」までw

  5. Peach
    Peach 2年 ago .返信

    こんにちは!お世話になっております!遅ればせながら切り抜きを簡単にできる方法を、以前ブログで紹介させていただいております。・・・Photoshopを使用されている前提ですが・・・。

    http://momo125.blog77.fc2.com/blog-entry-1075.html

  6. Helio D'or
    Helio D'or 2年 ago .返信

    ああ、投げ縄ツールたしかにー。って思うところありますね!

    一度、そのあたりをしっかり精査して、ドヤ顔で加工したものをアップできればと思います!

    いつになるかわからないですが……。

    情報、ありがとうございます!

コメントを残す