空の青さを語る言語はひとつだけではない。

まもなく「3.2」である。で、あるのだが、おそらくはその進行度に関わらず、あまり関係のない内容の記事を今後もPOSTしていくのだろうと思っている。

だが、ある意味で言う「節目」でもあることから、遅筆ながらFF14ブログアンテナ作成のお礼をかねて、総括していきたいと考えている。目標は「『3.2』が始まる前」までにPOSTしたいのだが、まあ間に合えば……。そう、ボクはガトーショコラよりも自分に甘いのである。

また、こんなブログにもかかわらず、LINKを貼っていただいた方々、まことにありがとうございます。大変遅くなりましたが、相互リンクとして、右カラムに貼らせていただきましたので、ご容赦いただけると幸いである。

さて、「サイト作成」の経緯については過去の記事を参照していただきたい。その奔放に投げ放たれた「想い」が、電子の海をさまよううちに偶然にもひろわれ、紹介いただけたことでボク自身が予想していた以上に、多くの声をいただき、登録という協力を得ることができた。

この記事を執筆している現段階で、登録数は37件(ボクのは含まない)。本来であれば、紹介いただいた記事をひとつ一つ取り上げ、感謝の弁を述べさせていただきたいのではあるが、なにぶん遅筆であるがために、その多くのブログをご紹介することができず、非常に申し訳ない気持ちでいる。そのすべてを拝見させていただいており、そのひとこと一言に胸打つ思いである。この場を借りてお礼を申し上げたい。

何より「ありがたい」と感じたのは、実際にボクの投稿を読んでいただいてのリアクションであることは間違いない。「誰かに届いた」その感覚を実感した瞬間でもある。膨大な情報が渦巻くインターネットの片隅からでも、この「声」を発し続けた意義を見出せた、そんな貴重な体験でもある。

みなさんの支援を受け、ボクの「自分勝手な想い」が昇華されていく。

60

正直、ボクは「FF14」に飽き始めた時期がある。新しい装備を取るために同じことを繰り返す作業感や、ネガティブな情報に触れることへのストレスだったりもしたのであろう。もちろん、それを「否定」するつもりもないし、それを「是」として楽しんでいる方もいる。

ただ、ボクのなかにはその事象に解せないものがあり、「引退」と「復帰」を繰り返すこととなった。

バージョンアップがある度に、公式サイトだけではなく興味本位で「検索」によって新たな情報も得ようとする。それはバージョンアップ後の「使用感」などの「生の声」である。多くの情報が羅列するなかで、そのなかには当然「個人のブログ」もヒットする。

当時、それら「個人ブログ」を見ているなかでの感想としては、「なんだか、別のゲームをしているな」というものであった。多くのネガティブな情報があふれるなかで、そのキラキラとした「楽しさ」はまったく別次元のものであり、「理解すること」ができなかった。いや、「理解すること」すらしなかったのかもしれない。

その後も、「引退」と「復帰」を繰り返しながら、その一方でやはり心に引っかかるものがあった。それは、やはり「個人ブログ」に漂う、「キラキラとした楽しさ」なのである。同じゲームをしていながら、ボク自身そこまで楽しめているのだろうか。日に日に、その心の「引っかかり」が占める割合は大きくなっていった。

「果たしてボクにもできるだろうか」ブログを付け始めたのはこんな理由である。だけれど、ブログを付け始めたからといって、ボク自身が持つ「負の感情」がそうそう変わるワケではない。振り返れば「できるだけ抑えよう」と思っていても、やはり当初の記事の端々に「負の感情」が垣間見れる。

だが、ボクのなかでも変わったことがある。それは、「こんなブログでも見にきてくれる方をどう楽しませるべきか」を考え、ゲームをしていない時には「こんなことができるかもしれない」と考えるようになっていた。とたんにボクのエオルゼア生活が明確な「色」をもって輝きだした。

72

「個人ブログ」はたびたび「日記」として揶揄されることがある。個人が好き勝手に「書ける」という側面ではあっているかもしれない。だが、圧倒的に異なるのは「他者の目線」が意識されていることであり、来てもらえている人に「楽しんでほしい」「役に立ってほしい」との想いがある。

それは、「ブログ」がメディアとして、「見てくれる人」がいて、初めて成立するからである。

人を「楽しませる」ことは、ボクにはまだまだ難しい。時間もかかるかもしれない。ただ、そういった「人を楽しませること」「人の役に立つこと」を無償の労力でやり続ける人たちを支える一助になれるようなことはできるかもしれない。

「FF14 BLOG ANTENNA」にはその想いがある。

インターネットが発達し、スマートフォンなどの普及により情報化社会となっている。得られる情報は膨大にあり、「情報を得る側」が取捨選択できるようになっている。ならば、マイナスな情報を得るよりも、よりポジティブな情報を得てほしい。

「3.2」が始まることによって、復帰される方もいるだろう。「3.2」をきっかけに始めるといった人は少ないだろうが、「始めてみたい」と思う人もいるだろう。そういった方々にこそ、「個人のブログ」が持つポジティブな情報が早く目につくことを願うばかりである。

以前のボクのように、「楽しみ方はひとつではない」ことを気づいてもらうためにも。

見る人の角度、その人が放つ光源により、その色彩や表情はまったく異なる。それを教えてくれたのも「個人ブログ」なのであり、ボクはそれを応援し続けたいと考えている。

73

次回から、また「どーでも良い」記事に戻ります。
「FF14 BLOG ANTENNA」に協力していただいたブロガーさま、見ていただいている方々、ご協力ありがとうございますっ!

Pocket

Author: helio Shinryuサーバーで、ララフェル召喚士として、がんばると決めた! 「FF14 BLOG ANTENNA」の運営もがんばっちょりまっする!

4 Responses to "空の青さを語る言語はひとつだけではない。"

  1. さくら
    さくら 2年 ago .返信

    相互リンクありがとうございます!

    ブログを書いていて嬉しいのは閲覧数やコメントはもちろんなのですが、
    こうして横のつながりが広がっていくのも嬉しさのひとつだったりします。
    アンテナサイトという他のブログとつながる可能性を作っていただいた事に改めて感謝です。

    空の青さを伝えるのに知っている言葉は少ないのだけれども、今後も私なりの言葉で伝えられればと思います。
    これからもよろしくですよ!

  2. Helio
    Helio 2年 ago .返信

    こちらこそ、対応がおそくなってしまったこと、本当にごめんなさいっ!!

    こんなブログでも、貼っていただけたのはうれしい限りなのです!

    各々の言葉で伝えれば、きっと響いてくれる人がいる。それを信じて「言の葉」を発し続けることも大切なんだと感じている次第ですw

    ボクもさくらさんのブログを楽しみながら見ているひとりでもあります!
    こうして、新しい「出会い」ができたのも、サイトを作った「かい」があったのかなと感じております!
    これからも、よろしくですよー!

  3. れお
    れお 2年 ago .返信

    れお

    Helioさん、こんにちはだよ~♪
    ご登録ありがとうございました、こちらのBlogもリンクに設定させて頂いちゃいました。
    れおのブログは攻略とかお役立ち情報等無いのかもしれないですけど、よくわからない意味不明な視点からこれからも書いていきたいと思います。
    Helioさんが立ち上げたアンテナサイトがどんどん大きくなって、個人ブロガーを結ぶ架け橋となるよう全力で応援させて頂きます!!

    今後とも、どうぞよろしくお願い致します。

  4. Helio
    Helio 2年 ago .返信

    こんなところ……わざわざありがとうございますっ!
    こちらも、遅ればせながら、リンクさせていただきました!

    いつも「楽しそう」な雰囲気が伝わって、「うらやましい」と思うばかりでございますよ。
    「ネタ」考えるのも大変だろうなと、変な見方しちゃったりとか。。。。

    みなさんをつなぐ、「ハブ」となれば、ボク自身もうれしく思います。

    これからも、よろしくですよー!

コメントを残す