52

自分でFF14ブログアンテナサイトを作る。

ボクは非常に憂えている。

何をか。「ヴァレンティオンデー」で、ボクのような「ぼっち」を確殺しにきたことでも、発表された「3.2」のコンテンツ内容などでもない。

「ヴァレンティオンデー」に関していえば、元となるイベントは「バレンタイン」であって、あげる「相手」がいて初めて成立するイベントでもある。

「相手がいなければスタートラインにすら立たせませんよ」というものではなく、「ねえ、そんなのひとりでやって楽しい? 逆にむなしくない?」という、運営側の温かい配慮なので、特に問題はない。

また、「3.2」のコンテンツ内容に関しても、実際にどんな内容であろうとも、その内容の「濃さ」「薄さ」に関わらず、「FF14」の唯一にして最大の成功は、「キレイな画面で行うミラプリ」なので、新しい装備以外には気にしてはいない。ただ、いろいろ試しても最終的には「ギャンブラーコート」に落ち着いてしまう違和感。

ただ、ひとついえることは「木人討滅戦」という「ひとり遊び」がきたな、という印象だけである。

では、実際に何を憂えているのか。

「FF14」のブログなどを登録する、通称「アンテナサイト」が「エフエフ14アンテナ」さま以外、「息をしていない」ということである。

本ブログを立ち上げて以来、さまざまな「アンテナ系サイト」に登録をお願いしてみたが、「エフエフ14アンテナ」さま以外は、まったく反応がなかったのである。

「こんな小さいブログ、登録する意味もないだろう」から、「掲載しない」という判断もわかる。だが、2週間ほど様子を見ていたが、ボク以外に新しいサイトが登録された形跡もないのである。決して、「キミだけ蹴られた」ワケではないことは強く主張したい。

仮にである。仮にボクのような「内容に意味のない貧弱ブログ」である理由から、「蹴られた」のであれば、これは由々しき問題である。ボクのような「うっす~い内容のブログ」であれば、登録する場所がなくなってしまうからである。そう、決して「内容が薄い」という理由で迫害されてはならない。

53

検索サイトでもある「Google」先生にインデックスされる(検索結果に表示される)ためには、「Google」先生に「こんな内容のうっす~いブログがありますよ」と教えなければならない。

「Google」先生は新しいサイトを探すために巡回(クロール)しているわけだが、これを効果的に自身の「内容のうっす~いブログ」に来てもらうためには、被リンク(他サイトに自身のサイトをリンクしてもらう)が必要になってくる。

「被リンクによる重要性は下がったのでは?」という方もいるであろう。確かにそうなのだが、「ひとつもないよりはマシ」なのである。

「ブログ」に対しての最大の「SEO対策」は、「豊富な投稿数」と「内容のある記事」であるのは間違いない。だが、ブログ立ち上げ初期には「豊富な投稿数」は物理的に無理である。そんな時間はない。だが、そんな初期の「ブログ」でも効率的にインデックスされるためには「被リンク」を稼ぐしかないのである。「内容のある記事」は、言わずもがな「無理」である。

「FF14」黎明期に造られた「ブログ」には、多くの「アンテナサイト」が乱立され、多くの「被リンク」を得ることができた。だが、「FF14」過渡期にわざわざ造られた稀有な「ブログ」にはその「場」がない。先行組のひとり勝ち状態は許さないのである。

54

では、どうするか。

こうなったら、もうボクが作るしかないのである。そう、「アンテナサイト」をである。

ボクは、「FF14」過渡期にわざわざできた「ブログ」に対しての救世主となり、「内容のうっす~いブログ」に対しての開拓者たらんと欲しているのである。

まず、作るにあたりどうするか。やはり立ち上げるにあたり「これだけは譲れない」という、真摯に向き合った「想い」があり、その「想い」をいかに体現できるサイトにするかが重要である。

その、「譲れない想い」とは……

★すべて「無料」で作れること(めんどうだから)
★なるべく更新内容に手がかからないこと(めんどうだから)

で、ある。この「譲れない想い」をできる限り体現していきたい。

「無料」で作る場合、サーバーの維持などの費用は提供側が払うことになる。そのため、そのサーバーでページを立ち上げる際には、どうしても「広告」が表示される必要がある。この「広告」をなんとかしたい。

「FF14」に限らず、その他の「アンテナ系サイト」が検索で引っかかり、それを見ているとものすごい勢いで、「えっちぃ広告」が表示される。それをスマホなどで見ていたら、電車などの混雑時には、まわりから「コイツは何を見ているんだ」ということになる。

「いや、ちがうぢゃん! 調べてみてるの別の内容ぢゃん!」と、周りの人に声を大にしてエクスキューズできるひともいるだろうが、普通はできない。そこで、「広告」のない健全なサイトを作ることにした。

また、「表示広告がない」ことこそ、このサイトの強みなのである。だから、この「ブログ」も広告表示のない、「Blogger」を使用している。「Google」先生バンザイである。

「アンテナサイト」を作るには、無料で簡単にできるサービスが多くある。それを使えば簡単にできるのだが、この「広告」問題を回避することができない。

WordPress を使用し、簡単に「アンテナサイト」を作ることも可能だが、自動で更新内容を表示させるプログラムが、無料サーバーでは導入できないものが多い。したがってこれも「パス」である。

55

幸い、通常の「ホームページ」を表示させるサーバーなら、「広告なし」というところがあった。

おそらく多くのトラフィックがかかると、「ページ表示が重い」「最悪落ちる」といったこともあるだろうが、そんなことは気にしない。そんなに閲覧者も来ないからである。

通常のHTMLページにJavascriptを使用し、ブログのRSSを読み込ませて更新リストを表示させる手法である。そのため、「Google Feed API」を使用する。「Google」先生バンザイである。

「どのように使って表示させるか」については説明しない。なぜなら、この「ブログ」は「FF14」を話題にした「ブログ」であり、「FF14」以外の話題には触れたくないからである。かつ、余計に記事も長くなるからである。異論は認めない。

簡単にHTMLファイルを作成し、表示させることは可能だが、問題は「スマホ対策」である。今や多くのウェブサイトは「スマホ」で見る時代である。この処理は外せない。

「スマホ」で表示される際には、「スマホ」の閲覧に最適化されなければならない。HTMLやCSSにその記述も足さなければならないので、ここは「無料」で提供されている「HTMLテンプレート」を使用した(めんどうだから)。

その「テンプレート」にJavascriptを組み込み、表示をサイトに合わせるためCSSを加工する。

それで、できたサイトが「こちら」である。

56

それなりの形はできたのではないかと思う(自画自賛)。

ページのタイトルは素直に「FF14 BLOG ANTENNA」にした。なんのひねりもないが、わかりやすさを重視した。決して「タイトルを考えること」を放棄したわけではない。

とりあえずはボクのブログと、公式ブログを組み込みテストしてみたが、問題なく表示されている(今のところ)。

始めはこのサイト名である「FF14 BLOG ANTENNA」で検索すると、サイトタイトルにも関わらず検索順は4~5番目という散々たるものであったが、「自助努力」によって、なんとか「サイト名」で検索すれば、1番目に表示されるようになった。

ただ、本来の目的でもある「FF14 ブログ」などで検索すると、まったく「検索条件」にすら引っかからないという、散々たる結果は変わらない。

なので、この「アンテナサイト」からの流入は期待できないし、初めから期待はしていない。重要なのは、被リンクされているという「サテライトサイト」として存在することである。

ただ、あとから調べたことでは「Google Feed API」で吐き出された内容は「Google」先生にインデックスされないということらしい。慌てて、登録ブログ一覧を表示させる「BLOG LINK」ページを加えた。

「無料サーバー」であることから、できるだけ軽くするために、掲載されるRSSは画像を取得しないようにしている。また、俗にいう「2chまとめ」系ブログも登録しないようにした。「無料サーバー」ゆえの苦渋の決断である。

また、「偶然にも」このサイトに来てしまい、登録しようとしてしまう人に対しても、慌てて「ABOUT」ページも設けた。これが非常に適当なため、「アバウトなABOUTページ」となっている。

このサイトからの流入は一切期待できない。ただ、「サテライトサイト」として登録したいという、「FF14」過渡期に造られた稀有な「ブログ」、「内容のうっす~いブログ」なので登録したいという方は大歓迎である。

この「壮大にして無垢なる想い」を伝えたいがために、「Twitter」のアカウントを取得した。

「Twitter」でいろいろ書いてしまうと、肝心な「ブログ」のネタが枯渇するので、しばらくはこの「ブログ」の更新情報をただ吐き出すシステムになるだろうと考えている。

57

「『FF14』の話題なにひとつないぢゃん」との意見は真摯に受け止めるが、認めない。

Pocket

Author: helio 今は、Shinryuサーバーで、モンク一辺倒でがんばっちょりまっする! 「FF14 BLOG ANTENNA」の運営もがんばっちょりまっする!